記事一覧

集合住宅

住まいにこだわる方法

新居を立川市内で探している、シングルやファミリー層に人気があるのは、リビングルームが広いハイグレードな賃貸マンションです。不動産会社に住まい探しの相談をしたり、建設中のマンション情報にも注目するのが、良い物件を見つけるテクニックです。

レディ

自分に合った家選び

賃貸を選択するか持ち家を選ぶのかということは、立川で住まいを探す際の重要な検討事項です。どちらが正解ということはなく、大切なのは自分の好みや状況、そして将来をよく考慮した上で最もマッチする方を選ぶということです。

インテリア

物件の内覧は必須

大学生の一人暮らしのための部屋探しにおいては、物件の内覧が大切です。複数の物件を、実際に見て確かめる課程で、自分の条件に合った部屋を絞り込めます。また、引越しの必要があると確定した時点で、気になる物件をリストアップして情報収集しておくと良いでしょう。

マンション

高級感のある物件探し

高級感のある賃貸マンションを、立川で探すときに便利なのは、不動産情報サイトやサポートが手厚い業者のサービスです。ハイグレードな物件の特集コーナーを活用したり、仲介業者に希望する条件を伝えると、短期間で理想の住まいが見つかるでしょう。

積み木

後悔しない物件探し

立川での賃貸物件探しを成功させるためにも、自分なりのチェックポイントを明確にしておきましょう。騒音対策といった建物自体の確認のほか、周辺施設の種類や距離感など、立川での生活をイメージしてエリアのチェックも行ってください。

大学入学のその前に

部屋

安心して大学に通うために

4月になると、大学に入学するという人も多いことでしょう。大学進学は高校等とは異なり、親元を離れ一人暮らしをするという大学生も多いものです。そんな時、どのように部屋を選ぶか本人も親も悩むものです。そこで、いくつかのポイントを考えてみます。まずは、家賃です。仕送りやバイトなどによる、1か月の生活費をどの程度で想定するかによって、家賃は変わります。しかし、一般的にはそこまで高額な家賃は払えないでしょう。大学生の一人暮らしならワンルームの部屋で十分です。その程度の部屋を選ぶようにすると良いでしょう。次は立地です。大学から近いということはもちろんですが、その部屋からスーパーやコンビニ、金融機関が近くにあるかということもポイントです。初めての一人暮らしですから、生活するのに便利な場所を選択する必要があります。セキュリティも重要です。女子大学生の場合は特に、保護者は不安になるものです。必ずしも治安が良い場所ばかりでもありませんので、オートロックの部屋や、近くに警察署・派出署があるなど、安全面を考慮する必要があります。耐震も見ておくと良いでしょう。いくら家賃が安くてもあまりにも古い部屋でしたら、地震の時などは不安です。昭和56年よりも以前に建てられたアパートなどは注意が必要です。そして、そのアパートに入居する人に同じ大学生たちが多いかどうかも不動産会社に尋ねておくと良いでしょう。そこでの交流も大学生活には良い思い出となります。初めての一人暮らしは不安も多いものです。こうした不安を少しでも払拭し、充実した大学生活を過ごしてほしいものです。

Copyright© 2018 大学生にオススメの部屋の間取りは?【ウキウキわくわく一人暮らし】 All Rights Reserved.